ads.txtの警告が表示された場合の対処方法について

アドセンスの管理画面で、突如『要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。』と表示されたり、『要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。』と表示されたり、警告のメッセージに多少違いがあるものの、ads.txtに関する警告が表示される事例が相次いでいるようです。

僕のAdSenseでも今回対応したので、当ブログでレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

ads.txt で認定販売者を宣言するという意味

ads.txtはアズテキストと読むのですが、この警告っていったい何?って方が多いと思います。

ads.txtとは広告枠の認定販売者を宣言すると言うことなのですが、サイト運営者からすると、ads.txtを設置することによって、このアカウントのアドセンスを掲載することを公式に認められたサイトですと宣言することができるわけです。

広告枠を購入した広告主は偽の広告枠かどうか判別ができるため、その分収益を増やすことができるというメリットがあると言われています。

アドセンスで設置する必要はあるの?

ここまで書いておいて申し訳ないですが、正直僕もあまり意味が分かっていないです。

おそらく、誰かが自分が運営しているサイトそっくりの偽サイトを作って、偽の広告枠を売って、自分の運営するサイトの評判を落とすという事態を阻止するためと言うことなのでしょうか。

もしくは、最近問題になっているアドフラウドという無効なインプレッションやクリックによって、収益をかすめ取る詐欺のような手法を防ぐものと説明しているサイトもありました。

要は広告不正を防ぐものという意味合いでは変わりないのですが、グーグルアドセンスではあまり必要性が薄いような気がします。

事実、ads.txtの設置は推奨はされていますが必須ではないという状況です。

ads.txtの設置はFTPソフトなどを使うので、FTPが分からない方は無視をして頂いて特に対策をしない方が無難です。

もし、『次の ads.txt ファイルに、ご自身のサイト運営者IDを追加する必要があります。』という警告メッセージだった場合は、広告の配信が停止しますので、必ず対応が必要になります。

そういう意味でも、よく分からず実施し、上記のエラーが出る方が危ないので、分からない場合は無視をして頂いて問題ないです。

設置自体ができない場合もある

これは僕自身がそうだったのですが、sample.comというドメインがあった場合、このドメインの直下に設置をする必要があり、サブドメインで運営していた場合も、メインのルートドメイン直下に設置する必要があります。

最近は少なくなりましたが、ドメインの手前に『www』が設置されている場合もサブドメインという扱いなので、『www』が付かないルートドメインにads.txtを設置する必要があります。

○ https://yu-ma-blog.com/ads.txt
× https://www.yu-ma-blog.com/ads.txt

その場合、僕がハマった事例なのですが、現在エックスサーバーとwpXサーバーの2つのサーバーでワードプレスを運用しており、エックスサーバーは好きな所にアクセスできるため当然問題無く設置できるのですが、wpXサーバーはワードプレスに特化した特殊な作りになっているため、サブドメインにワードプレスを入れた場合ルートドメインにアクセスすることができません。

wpXサーバーに限らずですが、サブドメインで運用しているサイトで、ルートドメインにファイルをアップロードできない場合は、ads.txtファイルの設置は不可能となりますのでご注意下さい。

ただ、前述したように設置は必須ではないので、その場合は諦めるということで問題ないでしょう。

スポンサーリンク

ads.txtの設置方法

エックスサーバーやロリポップ、さくらサーバーなど一般的なサーバーを利用している、もしくは、サブドメインでの運用でもルートドメインにアクセスできる場合は下記の方法でads.txtファイルを設置すことが可能です。

また、ads.txtを1から作る方法もあるのですが、アドセンスの場合は管理画面から完成品がダウンロードできますので、ミスや手間も無く非常に簡単なので安心して下さい。

今回はFTPソフトは使える前提で話を進めますので、FTPが分からない方はまずそこを調べる所から始めましょう。

まずはグーグルアドセンスの管理画面にログインします。

すると、画面上部に警告画面が表示されていると思いますので右側の『今すぐ修正』をクリックします。

すると、アドセンスを設置しているドメインの一覧が表示されるページに移ると思いますが、そこにダウンロードリンクが設置されていますので、ここをクリックし、ads.txtファイルをダウンロードします。

これを、ドメイン直下にアップロードしたら終了です。

ワードプレスを利用中の方であれば、wp-adminやwp-contentなどのワードプレス本体が入っているフォルダに入れてあげればOKです。

ちなみにですが、このads.txtの中には暗号のような1行の短文が記載されています。

google.com, pub-123456789012345, DIRECT, f08c47fec0942fa0

pubから続く16桁の数字がアドセンスの運営者IDになります。

設置が完了しましたら、『https://sample.com/ads.txt』でアクセスし、上記の1文がブラウザ上に表示されたら無事設置完了です。

ブログ運営
スポンサーリンク
ゆーまをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
ゆーま

20代後半のサラリーマン。大学卒業後アフィリエイトにハマり月収40万くらいまで稼げちゃって、人生楽勝って思ったらグーグルさんに嫌われて一晩で収入を失った残念な人。

その後フリーターをしながら趣味でブログだけ続けてた結果、その知識を買われて奇跡的に普通の企業に拾われて、今はWEB担当みたいな感じで会社のHPとかいじってます。

ゆーまをフォローする
ゆーまブログ

コメント