忍者AdMaxは稼げるのか?アドセンス収益と比較してみた

クリック課金型広告の最大手、グーグルアドセンスに並び2番手として注目されている忍者AdMaxですが、本当に稼げるのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、僕が忍者AdMaxを実際に使いグーグルアドセンスの収益と比較してみました。

実際に使ってみて感じたメリットやデメリットなどを紹介しながら、本当に稼げるのか徹底レビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

忍者AdMaxとは

忍者AdMaxとは、忍者ブログや忍者アクセス解析などの忍者ツールズで有名な株式会社サムライファクトリーが提供するクリック課金型広告です。

クリック課金型の最大手はやはりグーグルアドセンスですので、広告数・クリック単価・クリック率、どれもグーグルアドセンスには及びませんが、グーグルアドセンス以外のクリック課金型は稼げないとまで言われている中で、忍者AdMaxはかなり優秀な収益性を誇ります。

名称:忍者AdMax
運営会社:株式会社サムライファクトリー
審査:なし
換金先:各種銀行
銀行手数料:ジャパンネット銀行・楽天銀行は無料
最低支払金:500円

グーグルアドセンスは規約が厳しいため、運営しているサイトの方針によっては、掲載するか悩む場面が出てくることもあります。

もちろん忍者AdMaxなら何をしても良いわけではありませんので、薬物を紹介するサイトだったり、殺害現場の画像を掲載するような残虐なサイトなど、一般的に法に触れるようなサイトへの掲載はもちろんできませんが、アドセンスのように一挙手一投足掲載不可のサイトが指定されている訳ではないので、比較的どんなサイトにも掲載することができます。

掲載サイトをしっかりとアダルト指定をしてあげれば、アダルトサイトのへの掲載が可能なのもうれしいポイントです。

しかし、そうは言ってもグーグルアドセンスの収益性はかなり高く、どれくらい収益に違いがあるのか気になっている方も多いと思います。

以前、僕の所有するサイトで何日か忍者AdMaxを貼って検証したことがありましたので、その時の報酬をグーグルアドセンスと比較してみました。

ぜひ広告選びの参考にしてみて下さい。

検証サイトのグーグルアドセンスの収益

まず今回検証に使ったサイトのアドセンスの収益状況ですが、こちらは規約の関係上正確な数値は公表できませんので、ざっくりとした概算になります。

検証に使ったサイトは独自ドメインのサイトで、このゆーまブログではなく、芸能ニュースを配信するトレンド系のサイトになります。

この記事は、昔別のブログで書いた内容なのですが、そのブログを閉鎖するのに伴い記事を無くすのはもったいなかったので、ゆーまブログに移植しました。

そのため、検証期間が少し古いですが、現在とほとんど状況は変わっていませんので、そのつもりでみて下さい。

月間PV数:約60万PV
ページCTR(クリック率):0.6前後
CPC(クリック単価):25円~30円
1日平均収益:3,500円前後

忍者AdMaxの掲載期間は5日間となります。

掲載期間は短いですが、アドセンスを忍者AdMaxに一気に全差し替えをしたので、アドセンスとの収益差はかなり正確だと思います。

忍者AdMaxでの報酬

忍者AdMaxでは収益画面が公開できますので、画像を載せておきます。

▼忍者AdMaxの収益画面

これは忍者AdMaxを掲載していた5日間の合計収益ですので、1日平均で計算すると、1日約600円ほどの収益しか無かった計算になります。

グーグルアドセンスと何が違うのかというのを考えるのもアホらしいのですが、クリック率とクリック単価が全く違います。

なので、単純にその分報酬も少なくなる訳です。

ざっくりとした収益差ですが、5分の1といった所でしょうか。

スポンサーリンク

忍者AdMaxの良い点

もし、忍者AdMaxに並々ならぬ期待をされていたのであれば、その幻想を打ち壊してしまう結果になり大変申し訳ないです。

ただこれは事実ですので、クリック課金型の広告であればグーグルアドセンスが最強であるということは受け入れるしかないでしょう。

しかし、全く利用価値が無いかと言うとそういう訳でもなく、いくつかメリットもあります。

僕が使ってみてメリットだなと思う部分を紹介していきます。

審査不要

アドセンスの場合には、アカウントを取得して広告を掲載しようと思ったらそれだけで半月以上かかりますが、忍者AdMaxは基本的に即時提携ですので、最短4分で載せられるらしいです。

▼提携までのイメージ

らしいというのは、僕は4分以上かかったので^^(笑)

ただアドセンスに比べれば断然早いですし、そもそもアドセンスの審査が通らずに悩んでいる方も多いのが実情です。

その中でノー審査で即広告が掲載できるのは非常に強みだと思います。

インプレッション広告やネイティブ広告に対応

アドセンスの広告も今では様々なスタイルの広告が選択できるようになり、クリックしなくても収益が発生するインプレッション広告や、記事コンテンツに溶け込ませて配信するネイティブ広告などがありますが、忍者AdMaxもそういった流行の機能はしっかりとアドセンスの追随をしています。

当然スマホ対応もしているので、広告単価やクリック率の問題さえクリアできれば、機能としては全く持って申し分ない訳です。

他社の広告を掲載できる

僕的には忍者AdMaxを使う一番のメリットは、この機能だと思っています。

これはアドネットワークというサービスなのですが、同じブログ内に別の広告を載せれますよというレベルの話ではなく、忍者AdMaxの広告枠内で別の会社の広告を出現させられるというものです。

▼アドネットワークのイメージ

A8.netでは物販アフィリリンクをモーションウィジェットにする機能がありますし、楽天やアマゾンにもモーションウィジェット機能があります。

アダルト系のクリック課金広告であれば、i-mobileというアド広告がありますので、そういった広告をアドネットワークに登録をしておけば、クリック課金型、表示報酬型、成果報酬型全ての広告の中で、一番収益性が高いものを自動で判断して出してくれます。

アドセンスが掲載できるのであればもちろんそれ一択なのですが、アドセンスが貼れず、まだ成果報酬型アフィリエイトに敷居の高さを感じているのであれば、忍者AdMaxのアドネットワークでアドセンス以外のクリック系広告を手当たり次第登録しておくと言うのは一つの手段かと思います。

スポンサーリンク

忍者AdMaxの悪い点

僕が感じたデメリットをあげると、まぁ収益性が低すぎるっていうのが一番問題ですね。(笑)

ただマイクロアドやヤフーのクリック広告が衰退した中、アドセンス以外のクリック課金型広告は忍者AdMaxのみと言っても過言ではありません。

そういう意味では需要もありますし、クリック単価などはこの先改善されていく可能性が大いにあり得ます。

後は、規約が緩いからこそ、ルールが良くも悪くもあいまいな部分に不安を感じます。

規約内に、NGワードが入っていると広告が表示されないとあるのですが、そのNGワードが公表されていないので対応ができません。

恐らくは忍者AdMax側が勝手に広告の配信を停止できるような文言を入れておかないと、何かあった時に配信停止することができないので、企業側のリスクヘッジの文言だと思いますが、ある程度まとまった収益になった時に、こういった問題はいつ収益が無くなるか分からないため不安の原因となります。

後は成果の反映が遅いことでしょうか。

アドセンスはリアルタイムで収益が表示されますが、忍者AdMaxは成果の反映が翌日ですので、急激にアクセスが集まったときなどは、収益の反映具合が見れず少しイライラします。

スポンサーリンク

忍者AdMaxの感想まとめ

確かにアドセンス以外のクリック課金型に比べれば単価はかなり高い方ですが、やはりアドセンスの足元にも及ばないという印象は持ってしまいます。

アドセンスを貼れるサイトにはちゃんとアドセンスを貼り、そしてアドセンスのアカウントを停止されないようにしっかりルールを守って運営して下さい。

ただ、それでも様々な理由からアドセンスを貼れないようなサイトを運営することもあるでしょう。

それを楽天のモーションウィジェットだけで済ませているのでしたら、今すぐにでも忍者AdMaxを登録して下さい。

アドネットワークを使いこなせれば、物販系サイトとしての収益アップに貢献する可能性を大いに秘めているでしょう。

ブログ運営
スポンサーリンク
ゆーまをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
ゆーま

20代後半のサラリーマン。大学卒業後アフィリエイトにハマり月収40万くらいまで稼げちゃって、人生楽勝って思ったらグーグルさんに嫌われて一晩で収入を失った残念な人。

その後フリーターをしながら趣味でブログだけ続けてた結果、その知識を買われて奇跡的に普通の企業に拾われて、今はWEB担当みたいな感じで会社のHPとかいじってます。

ゆーまをフォローする
ゆーまブログ

コメント