この冬におすすめの人気鍋料理をランキング形式でご紹介

冬になると無性に食べたくなるのが鍋料理です。

しかし鍋と一言で言っても色々な種類の鍋料理があり、あれもこれもと目移りしてしまいます。

今回はこの冬におすすめの人気鍋料理を私の独断と偏見でランキングにしてみました。

スポンサーリンク

第5位 おでん

おでんを鍋料理に入れるか最後の最後まで迷いましたが、やっぱり寒い日に鍋が食べたくなると、一緒におでんも食べたくなるんですよね。

私はもはや鍋料理だと思います。笑

でもこんにゃくとか、ちくわとか、普通の鍋では食べられないような具材が食べられるというのはおでんの魅力だと思います。

今ではコンビニで手頃に食べられる時代なので、あまり家でやる人は少なってしまった気もしますが、でもおでんの好きな日本人は本当に多いですから。

屋台にコンビニと日本では常におでんが身近にあり、もはや日本のソウルフード行っても過言ではない、いやさすがにそれは過言かもしれませんが、でもおでんで飲む焼酎は本当に美味しいです。

第4位 重ね鍋(ミルフィーユ鍋)

素材の味をそのまま楽しみたい、鍋はシンプルな味付けが好き、そんな人におすすめなのが第4位にランクインした重ね鍋(ミルフィーユ鍋)です。

白菜と豚肉をミルフィーユのように重ねて入れることからその名が付きましたが、そのシンプルな味付けが魅力の1つです。

人によって違いますが、ダシによる味付けがメインで、お好みで醤油や塩など入れますが、それでも基本的な味付けしかせず、食べるときにポン酢などに付けて食べます。

気分によって、ポン酢だけでなくゆずポンにしたり、ゆずコショウを使ったりとその時々で食べ分けできるのも重ね鍋(ミルフィーユ鍋)の良さだと思います。

私を生姜を多めに入れて食べるのが好きです。

第3位 キムチ鍋(チゲ鍋)

第3位はキムチ鍋です。

温かい鍋を食べるだけで体が温まるのに、ピリ辛キムチで全身ポッカポカなんて、もう最高です。

ちなみに日本ではチゲ鍋って言ったりすることもありますが、これは完全な和製ハングルで、チゲは韓国語で鍋という意味なので、チゲ鍋だと鍋鍋って意味になってしまいます。

正確にはキムチチゲかキムチ鍋が正しいんでですが、日本ではチゲ鍋って表記で商品が売られていることもあるくらいなので、間違ってもキムチ鍋とチゲ鍋は何が違うんだろうとかは考えないで下さいね。

一緒ですから。笑

少し脱線してしまいましたが、私はキムチ鍋の素ではなく本物のキムチをたっぷり入れて、お肉は豚肉を中心に豚キム風の味付けにするのが好みです。

関連記事:大人気!タモリ流&ケンタロウ流キムチ鍋レシピをご紹介!

第2位 すきやき

日本の伝統料理と言っても過言ではないすき焼きが第2位です。

あのほんのり甘い味付けと生卵との抜群の相性がなんとも言えない美味しさを引き出しています。

クレヨンしんちゃんとか昔からやっているテレビを見ていると、「今日はすき焼きだからご馳走よ」なんてシーンも見かけたりしましたが、今ではさすがにご馳走って感じではないんですかね?

でも我が家では昔からすき焼きは特別な日に出てくることが多かったですね。

第1位 もつ鍋

定番中の定番であり、いつの時代も大人気、第1位はもつ鍋です。

ホルモン鍋なんて言う地方もありますが、プリップリのもつはとにかく美味いです。

醤油味が基本ですが、味噌や塩などアレンジもしやすく、居酒屋などでは1年通してメニューに載っている店も多いほど、冬に時期に限らず人気の鍋料理です。

私はとにかくにんにくを大量に入れた、にんにくもつ鍋が大好きです。

グルメ
スポンサーリンク
ゆーまをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
ゆーま

20代後半のサラリーマン。大学卒業後アフィリエイトにハマり月収40万くらいまで稼げちゃって、人生楽勝って思ったらグーグルさんに嫌われて一晩で収入を失った残念な人。

その後フリーターをしながら趣味でブログだけ続けてた結果、その知識を買われて奇跡的に普通の企業に拾われて、今はWEB担当みたいな感じで会社のHPとかいじってます。

ゆーまをフォローする
ゆーまブログ

コメント