七五三の親の服装はカジュアルNG?スーツと着物どっち?

子供の七五三の服装はバッチリ準備完了、直前になってからさて親は何を着ようかしらと困っていませんか?

七五三にカジュアルはNG?スーツと着物ならどちらがいいの?どちらにしても色とかも問題?と悩んでしまいますね。

七五三の親の服装として適切なものはどんなものなのでしょうか。

Sponsored Link

カジュアルな服装はNG?

七五三に行けば写真もたくさん撮りますし、一緒に参加するお母さん方だってオシャレに決めたいものです。

しかしカジュアルな服装はNGでしょうか?

色々な観点から考えてみます。

神社であることを忘れない

お子さんが確かに主役の七五三ではありますが「でも自分がカジュアルスタイルで行っていいものかどうか…。」と悩みますね。

写真が残ることから考えても、あまりにラフなスタイルは後悔しそうです。

まず、七五三は神社で行われる、ということから考えると、あまりにカジュアルな普段着での参加はおすすめできません。

神前に出るわけですから、フォーマルが本当は正解です。

しかし、今あらゆるシーンでフォーマルはカジュアルダウンされつつあります。

堅苦しく考える必要はないとはいっても、絶対に避けたいものとしてはジーンズ、肩が出た服(キャミソールやカットソー)、華美な柄物、露出の多い服装、ひざが出るスカート、ミュールやサンダルなどがあげられます。

家族間で格を合わせる

格と聞くと堅苦しくなってしまいますが、要は参加する家族の服装コードをすり合わせるということです。

お父さんがフォーマルなのに、お母さんはカジュアルダウンしたワンピースではNGです。

お子さんが着物を着る場合は、本来なら親もフォーマルを着るのが正解という方もいらっしゃいます。

しかし必ずしも両親はフォーマルでないといけないということはありません。

お父さんはダークスーツ、お母さんはスーツ、アンサンブル程度までならOKということが多くなっています。

スーツと着物どちらが一般的か

常識の範囲内でオシャレにきめるというのは分かりましたが、そもそもスーツで行くか着物で行くか決めないといけません。

どちらが一般的なのでしょうか。

スーツは動きやすさ重視

お子さんはいつもと違う雰囲気に戸惑い、普段以上に動き回る可能性があります。

また兄弟姉妹が別にいれば、そのお世話にも手間がかかりますし、七五三の年齢よりも下の子を抱えている方は、動きやすさを重視してスーツを選ぶ傾向が高いです。

しかも、お母さん方のスーツはスーツでも、パンツスーツで参加することもあるようです。

実際にトイレに連れて行く場面などを考えると、ひざ丈のスカートよりはパンツスタイルのほうが確実に動きやすいでしょう。

子供の世話という観点から見れば、やはりスーツが一般的と考えられるでしょう。

着物は写真重視

いくら子供が主役と言えど、親も一緒に写真に映ることを考えると、やはり着物は着ているだけで映えるという部分がありますね。

近距離の神社で、普段からあまり着物に抵抗がないという方ならおすすめではあります。

ただし、この場合もお子さんの着物との格を合わせることを忘れないようにしましょう。

一般的に七五三では、留袖まで着る必要はないとは言われています。

色無地、訪問着、付け下げが適切でしょう。

小紋や紬はカジュアルとなるのでNGです。

写真のことを考えると着物もやはり根強い人気があるようです。

最近のトレンド

では最近の流行としてはスーツと着物どちらがトレンドでしょうか。

気軽に着られるスーツ

着回しの観点などからいっても、スーツを着ることがトレンドとなっているでしょう。

子供が何人かいる場合や、その後の入園などのイベントも併せて着回しを考え、スーツを購入しておくという方も多いです。

地域性や祖父母からの指導によって着物

全体的に着物がトレンドではなくても、慣習的に着物が多い地域というのもあるようです。

また、お爺ちゃんやお婆ちゃんが子供との格を合わせるようにと、親に着物を着るように指導することもあります。

両親共に着物というご家庭もありますが、七五三の子供以外に他にもお子さんがいるのなら、少なくともお父さんはスーツにして抱っこ担当など、ある程度対策は立てておいたほうが良さそうです。

スーツの選び方

スーツがトレンドということで、色や形など、七五三に最適なスーツの選び方を紹介します。

スーツの最適な色

暗すぎないことを意識する

フォーマルということを念頭に置くと、ブラックと連想してしまいます。

しかし、実際に七五三に来ているご両親でブラックフォーマルを着ている方を見かけることはほぼないと言って良いでしょう。

子供が主役であっても、明るい雰囲気のカラーを意識することが大切です。

写真映りの点からも、暗すぎる色でまとめないほうが良いですね。

具体的にはどんなものを選ぶ?

お父さんはビジネスシーンでも着られるようなダークスーツで、ネクタイをレジメンタルなどにし、お母さんは明るいカラーのベージュなどのスーツが一般的です。

ただし、七五三のためだけに購入するのはちょっと嫌だなという方は、手持ちの明るめのカラーのスーツにコサージュやアクセサリー(やはりパールがおすすめです。)などでフォーマルさを演出するのもよいでしょう。

グレーなどもダークすぎなければピッタリです。

またインナーを明るめにしたり、レース素材にしたりすることで華やかにもなるので、1度ワードローブを確認してみてもよいですね。

最近流行のスーツスタイル

使いまわせそうで使いまわせない葬儀用スーツ

ブラックのスーツを買う時に、「アクセサリーなどの選び方次第でどこでも着られる。」と思って選んだ方も多いのではないでしょうか。

しかしいざブラックスーツを着ようとするとためらってしまいます。

葬儀用という点も気になります。

七五三や入園、卒園、入学といったこれから控えているシーンを考えてもいわゆるブラックスーツは実はあまり着ないことも多いのです。

セットアップを購入しておく

季節によって着回しができるセットアップスタイルが今支持されています。

七五三と入園シーズンでは気温の違いもやはりありますよね。

セットアップスーツなら、ジャケットにワンピースとスカート、あるいはパンツがコーディネートされたものが多いです。

タイトスカートとフレアスカートがセットになっていることもあり、まったく違うコーディネートのように見せられるのが特徴です。

ボトムだけでなくインナーとの組み合わせを変えることで雰囲気がガラッと変わるため、「いつも同じ服装。」とはならないでしょう。

まとめ

  • 常識の範囲内ならカジュアルもOK
  • スーツと着物ならスーツがトレンド
  • セットアップを購入しよう
Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

コメントを残す