10メートルの飛び込み台からプールに落ちた時の衝撃と危険性

プールの季節になると10メートルの飛び込み台(ジャンプ台)に行列が出来ますが、落下時の衝撃や危険性を理解した上で遊ぶ必要があります。

そこで今回は10メートルの飛び込み台からプールに落ちた時の衝撃と危険性について紹介します。

Sponsored Link

なぜ水泳事故が起きるのか

毎年夏の季節になりますと水泳事故のニュースが必ずと言っていいほど起きます。

プールへの飛び込み事故はなぜ起きるのか?

事故対策の不備や指導者の認識不足、管理能力自体が問われるとともに学校等の指導が曖昧であると考えられます。

10mからのプールへの飛び込み入水は勿論、5mでもプールの水深と飛び込む人の身長、体重などを考慮して設計されているプールは一体どれくらいあるのでしょうか?

実は定義がないに等しいのが現実で、このような学校や市営プールなどでの飛び込み事故が後を絶たないのです。

飛び込み入水時の衝撃

飛び込みをした時の衝撃度は秒速で14m/s、時速50km/hになり、その落下スピードはわずか1秒間となります。

全身でその衝撃を受ければ死亡の可能性もあり危険です。

まずダイビング用プールでなくては不可能で、素人には非常に危険なスポーツ競技であります。

飛び込みによる危険性

  • はらうち
    経験がある方も少なくない事と思いますが痛いです。
    内臓への損傷が考えられ、全身打撲等になる可能性が高いです。
  • 頭を打つ
    プールの底で頭をぶつけ頭蓋骨骨折などの事故例が多いです。
    首が衝撃を受けて頚椎骨折の事故例も多く見られます。
  • 胸を骨折
    これはいわゆるはらうちによって胸を強打する事によって起こります。
  • 肩の脱臼
    肩が衝撃を受けた結果です。
  • 腰を骨折 
    数年前、お笑い芸人のすぎちゃんが番組内の企画で飛び込みを行い腰を骨折し全治3か月の大けがを負いました。

事故例

2011年福岡県、2015年は岐阜県の学校のプールでそれぞれ頚椎骨折と全身打撲の事故が報告されています。

幸いその後回復へむかっていますが後遺症の心配は以前残ります。

年代別の事故例では1988年までに9件、1989年以降も22件と増加しています。

スポーツ事故では登山、野球、ソフトボールなどよりも多く、その半数以上を占めているのが水泳です。

全国の学校内のプールや市営プールなどで飛び込みには適さないプールが安全検証もされないまま授業に使われているのが現在の実情だといえます。

飛び込み事故により怪我をする生徒が後を絶ちません。

近頃やっとガイドラインが設立された自治体もあるようですが、まだまだ管理の徹底は行き届かないままです。

また最近のプールは溺れるのを防止するために浅め(1.1m)くらいの設計が多く、まったく飛び込み入水には適しません。

そのことを知らないまま使用者が飛び込んでしまい怪我をしてしまったり、指導者すら認識不足、過去の事例を顧みない学習不足が指摘されています。

プール以外でも川へダイブした結果、水難事故が起きるというのが全国で毎年ニュースになっています。

経験談

私が小学生だった頃、水泳の授業中、休憩の時間に友達がプールに潜って遊んでいたところ、別の女子生徒がこれまた遊びでプールに駈け飛び込みをしました。

それが丁度、友達の頭を踏む様な形になり、友達はプールの底に顔面を打つ事となりまして前歯を一本折りました。

幸い大事には至りませんでしたが、やはり歯ですから相当流血し周辺はパニック状態になりました。

飛び込んだ女子生徒は「大変な事をしてしまった」と感じて泣き出して授業は中止となり友達は病院へと運ばれる結果になりましたが
今ではすっかりと回復しています。

差し歯になりましたが、この差し歯に関してのメンテナンスにかかる費用は一生涯学校側負担だそうです。

勿論、保険でしょうけど。

飛び込み台のあるプール

全国で10mの飛び込みがビジターでできるプールとして有名なのは「大磯ロングビーチ」に設置してあるダイビングプールですが、講習を受けてライセンスの取得が必要になります。

関連記事:大磯ロングビーチはパラソルやテントの持ち込みOK?おすすめ場所!

3m以上からの飛び込み入水は基本どこのプールもNGにしている所が多いようです。

中には飛び込み教室を開催しているプールもあるので、どうしても飛び込みをしたい場合にはスクールに通うという手段も有効です。

群馬 しきしまこうえんプール
石川 加賀市屋外プール
滋賀 ひこね創造運動場プール
名古屋 レインボーホール プール
大阪  みなみはやドーム プール

などが飛び込み教室を開催しています。

どうしてもやってみたい、一度体験してみたい人は行ってみると良いかもしれないです。

Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

コメントを残す