ユニクロのカシミヤを洗濯すると縮む?自宅での洗濯方法ご紹介!

ユニクロのカシミヤを洗濯すると縮む?自宅での洗濯方法ご紹介!

肌寒い季節に1枚は欲しいアイテムと言えばカシミヤセーターですが、お手頃価格で買うならユニクロがおすすめです。

ユニクロのカシミヤセーターがいくらお手頃とはいえ、やはり長持ちはして欲しいですよね。

しかし自宅で洗濯すると縮むのか悩みのタネです。

今回はユニクロがカシミヤをお手頃価格で提供できる理由や、長持ちさせるために縮むのを防ぐ洗濯方法をご紹介します。

Sponsored Link

ユニクロのカシミヤセーター

昔は高級素材として、なかなか手を出しにくかったカシミヤのセーターですが、それが今やユニクロでは、5990円、7990円といったお手頃価格での販売が実現しています。

着心地や肌触りに関しては、従来の衣服店で売られているカシミヤと全く遜色がないのは驚きです。

YouTuberの方がなかなか分かりやすいレビュー動画を作成していたので貼っておきます。

▼ユニクロのカシミヤ紹介動画

自宅での洗濯方法

お手頃価格で手に入るとは言っても、やはりカシミヤがデリケートな素材であることに変わりはありません。

家庭で通常の洗剤や洗濯機を使って洗濯しようものなら見るも無残・・・
縮んだセーターを手にがっくりすることになります。

かといって着る度にクリーニングに出していては着る機会も減ってしまいますので、ここではカシミヤセーターを自宅で上手に洗濯する方法をご紹介します。

※実際に洗い上がりは衣服によって個体差があり、ここで紹介した内容によって色落ちや縮みが見られても、こちらでは責任が取れませんので、あくまでも自己判断でお願いいたします。

色落ちチェック

まず洗濯をする前に、色落ちが無いかのチェックを絶対にしましょう。

もしこのチェックで色落ちがあった場合には、自宅洗いは諦めてクリーニング店にお任せした方が良いでしょう。

このチェックは自宅洗いできるか確認する重要な作業なので、絶対に省略しないようにして下さい。

まず、カシミヤセーターの柄部分の目立たないところに中性洗剤を少量つけ、そのまま5分程度置いておきます。

その後、白い布を当て色落ちがないか確認します。

この時使う中性洗剤は、「おしゃれ着洗い」等の表示があるものを使うのが無難です。

ここで色落ちが無ければ自宅洗いOKです。

洗濯の際用意するもの

  • 洗面器
  • 中性洗剤
  • 髪用のコンディショナー

※髪用のコンディショナーに関しては、水に溶けにくい場合があるので、その時は事前にお湯で溶かしておくと良いです。

洗濯手順

1.洗面器に30度くらいの水を張り、洗剤を入れて混ぜておく
2.型崩れしないようにたたんだセーターを入れ、ごく軽めに数回押す
3.洗濯機の脱水機能で30秒脱水をする
4.洗面器に水を張り、コンディショナーを入れて混ぜる
5.セーターを入れ、軽く押す
6.洗濯機の脱水を30秒かける

カシミヤはタンパク質成分でできていて、これは人間の髪と同じ成分です。

そのため、髪を守るコンディショナーがカシミヤにも非常に有効です。

洗う時の注意点としては、揉み洗いやこすり洗いは絶対に厳禁です!

あくまでそっと押す程度にとどめましょう。

干し方

干し方は日陰で平干しにしましょう。

ハンガーに吊るして干すと、型崩れしてしまいます。

また、日が当たると黄ばみやシミの原因になりますので、日の当たらない場所で平干しにするのがベストです。

どうしても平干しにする場所がない場合は、ハンガーの肩部分にタオルをぐるぐる巻きつけてから、吊るして干せば型崩れしにくくなります。

仕上げのアイロン

アイロンを押し付けてしまうと、ふんわりとした風合いがダメになってしまいます。

スチームを出しながらアイロンを少し浮かせてかける「浮かせがけ」が正解です。

カシミヤを長く美しく保つコツ

冬でも案外汗をかいているものですので、ちょっとしたポイントを押さえることで自宅でもカシミヤセーターの風合いを損ねず洗濯することができます。

また、洗濯以外にも、カシミヤを長く美しく保つコツがありますのでご紹介いたします。

連日で着ない

いくらお気に入りの服でも、連日着ていると服がくたびれてきてしまいます。

着たい気持ちをぐっとこらえ、服にも休息を取らせてあげてください。

着た後はブラシをかける

ブラッシングは天然毛のブラシを使いましょう。

繊維に詰まった埃が取れるだけでなく、毛玉を解いたり、毛のキューティクルを整えたりする効果があります。

大事なセーターだからこそ、着る度着る度にひと手間かけてあげることがずっときれいに着られるコツなのです。

ユニクロのカシミヤが安い理由

ここまでカシミヤの洗濯方法をご紹介しましたが、そもそもユニクロはなぜここまでお手頃価格で提供できるのでしょうか。

実は3つの秘密があります。

  • 良質な原料の産地であるモンゴル周辺に自ら出向き、品質を見極めて買い付けをしていること
  • 専業工場と長期契約を結ぶことで、効率化と価格・品質の安定化を図っていること
  • 原料の仕入れから製品化まで、自社で一貫して行うことで、様々な場面でのコストカットを実現していること

中間業者を介さず、自社で全てを行うことで、良質な材料により、安定した供給と、効率的な生産、コストカットに成功しているのですね。

こうして私たちはカシミヤのセーターをより気軽に手に取ることができるようになってきたわけです。

正しい洗濯方法で長く使い続け、安物買いの銭失いにならないように、しっかりお手入れをしましょう。

まとめ

  • カシミヤのセーターがユニクロで安く買える
  • 洗濯前に絶対色落ちチェックをしよう
  • ユニクロの安さには3つの秘密がある
Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

コメントを残す