ファミマ・セブン・LAWSON、コンビニおでんカロリーランキング!

ファミマ・セブン・LAWSON、コンビニおでんカロリーランキング!

コンビニおでんは美味しくて人気も高いですが、やはりカロリーが気になってしまいます。

とは言いつつも、ぶらりと近所のコンビニに出かけ、白い湯気が立つおでんをほおばった時の幸せな気分はやめられません。

そこで今回は、ファミマ・ セブンイレブン・ LAWSONのおでんの具材についてカロリーや各コンビニの特徴をご紹介します。

Sponsored Link

おでんの具材のカロリーランキング

まずは一般的な具材について、カロリーの低いものから順に見ていきたいと思います。

超低カロリー群(20Kcal程度まで)

白滝、こんにゃく、大根、昆布巻 等

これは超低カロリーですので、ダイエット重視で選ぶのであればこの具材たちは外せません。

低カロリー群(30~60Kcal程度)

はんぺん、ちくわ、ごぼう巻、さつま揚げ、なると、ちくわぶ、つみれ、つぶ貝串、たこ串、牛すじ串、ロールキャベツ 等

ダイエット重視であれば当然超低カロリー群で抑えたい所ではありますが、なかなか選べる具材も制限されてしまいますので、そんな時にはこの低カロリー群の具材を混ぜていくのがおすすめです。

折角おでんを食べるのに、はんぺんとかちくわが無いのは寂しすぎますからね。

中カロリー群(70~100Kcal程度)

味つけ玉子、出汁まき玉子、焼き豆腐、がんも、じゃこ天、まる天、つくね、ソーセージ巻、ギョウザ巻、シュウマイ巻、手羽先 等

この辺の具材からは、結構カロリーが高めです。

ダイエット重視での具材選びであれば、正直中カロリー群の食材は選ばない方が良いと思いますが、どうしても食べたい場合は1回につき1具材で抑えたりと工夫して選びましょう。

高カロリー群(100Kcal付近~超え)

厚揚げ、餅入り巾着、ソーセージ、豚なんこつ 等

ダイエットに意識の高い人であれば、この具材を選ぶのはやめましょう。笑

コンビニ各社のおでんの特徴

近年コンビニ各社はおでんに力を入れているため、様々な独自性なども生まれてきています。

つゆの特徴や、コンビニごとの具材ランキングは過去の記事を参照して下さい。
過去記事:コンビニおでんの具材人気ランキング!おすすめの食べ方を紹介!

ここでは各コンビニおでんの特徴をご紹介します。

ファミリーマート

ファミマのおでんは、バリエーション豊富なのが特徴です。

各具材のミニバージョンなども用意されているので、いろいろな種類のものを少しずつ食べたい人やカロリーを抑えたい人はミニサイズを選んで購入するのがおすすめです。

練り物も、一般的なはんぺん・ちくわ・さつま揚げ以外にも静岡名物の黒はんぺんや愛媛名物のじゃこ天など、郷土食を取り入れているのも特徴的で楽しめます。

おでん用ラーメンもあるので、具材と合わせて1食の食事としても成立するでしょう。

セブンイレブン

セブンイレブンのおでんは具材としては、一般的な安定の具材が多いと言えます。

具材の1つ1つにボリュームがあり、食べ応えがありますので満足感があります。

また、おでんというと練り物というイメージがありますが、牛すじ串、豚つくね串、炭火焼つくね串、炭火焼鶏もも串、手羽先と、肉系の串物が充実していますので、おでんの中でも肉好きな方にはうれしいラインナップとなっています。

LAWSON

LAWSONのおでんも、具材の種類は一般的なものが多いですが、具材に一工夫が施されているのが特徴的です。

玉子は栄養価が高いと言われているヨード卵・光を使用、湯葉を用いただんご、有機こんにゃく粉で作られたこんにゃく、うずらやシソ入りのつくね、鱧入りのちくわ、7種野菜入りの巾着など、素材へのこだわりを感じさせる具材で高級感を感じさせてくれます。

また、フキやジャガイモといった野菜があるのもうれしいポイント。

うどんもあり、このうどんは割と麺の量も多いので、おでんと合わせて食事としても充分なボリュームです。

ダイエット中のおでんの食べ方

とてもおいしいおでんは、食欲の秋にダイエットの強い味方にもなってくれるんです。

まず、あたたかく水分も多いので食事としての満足感がありますし、具材には野菜・豆・魚・肉それぞれのたんぱく質も揃っています。

これらにおにぎりや麺を組み合わせて食べると、カロリーは控えめながらも、ある程度栄養バランスのとれた食事を摂ることが可能です。

最も低カロリーな組み合わせは、大根、白滝やこんにゃく、昆布巻などに牛串やはんぺんもプラスして、おにぎりなどを別に購入すれば、300~400カロリー前後でお腹も満たされます。

気をつけたいのは、ヘルシーなイメージのある練り物や豆類でも、さつま揚げやがんもどきなどは揚げているため、意外にカロリーが高いです。

また、焼き豆腐や厚揚げもそれなりにカロリーが高いので注意が必要です。

また、ちくわぶや餅巾着はたんぱく質と混同しがちですが、炭水化物に分類されますので、控えめにしましょう。

さらに、同じ具材でも、コンビニ各社でサイズが異なることにも着目してください。

低カロリーなものも、サイズが大きく量が多くなればカロリーがかさんでくるので、できるだけカロリーもチェックし、計算してバランスを考えながら組み合わせることが大切です。
   
コンビニ食品の中で、おでんはヘルシーかつダイエット向きのメニューではありますが、塩分が高めであることやビタミンが不足しがちになりますので、こればかり食べるというのは、やはり健康的とは言えません。

秋冬の寒さを乗り切るために、ダイエット中のご褒美として食べるが賢い食べ方だと思います。

まとめ

  • おでんはヘルシーでダイエットにおすすめ
  • 具材によってはカロリーの高い物もあるので注意が必要
  • 塩分が高めでビタミンを摂取しづらい為おでんダイエットは危険
Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

コメントを残す