【2015年】岸和田だんじり祭りの日程!由来や歴史、事故まとめ!

【2015年】岸和田だんじり祭りの日程!由来や歴史、事故まとめ!

岸和田だんじり祭は毎年9月に開催されていますが、2015年の開催日程は何日になっているのでしょうか?

粗々しく盛り上がることで有名な岸和田だんじり祭ですが、その反面事故も多く毎年色々な意味で話題に上がります。

今回は2015年の岸和田だんじり祭について、日程だけでなく、由来や歴史、事故などをまとめていきます。

Sponsored Link

岸和田だんじり祭りとは

岸和田だんじり祭は、毎年9月に大阪の岸和田市で行われる祭りで、だんじりを曲がり角などで、速度を落とさずに方向転換させる「やりまわし」が見どころとなっており、多くの人で賑わいます。

▼やりまわしの様子

2015年の日程

試験曳きが9月6日(日)と本祭前日の9月18日(金)の午後2時~午後4時に行われます。

本祭である宵宮(1日目)が9月19日(土) の午前6時~午後10時に、本宮(2日目)が9月20日(日)の 午前9時~午後10時に行われます。

開催場所は、岸和田市北西部、岸和田城下およびその周辺(旧市と呼ばれる地域)です。

だんじり祭りの由来や歴史

由来としては、牛頭天王社の夏祭、藩主が五穀豊穣を祈願して行った稲荷祭から始まったという2つの説がありますが、どちらの説をとっても、今から約300年前に始まったものです。

年に3回行われていた祭礼が、最も盛大な旧暦8月の祭礼に一本化され、明治時代に現在の新暦9月に行われるようになりました。

このだんじり祭りは、現在では、60万人近くを集める祭りとなっています。

だんじりについて

曳行されるだんじりにも種類があります。

近世の岸和田城下において城門を潜る必要性から独自の進化を遂げて行った岸和田型のだんじりを「下だんじり」、それ以前の形態を残した各種だんじりを「上だんじり」と呼び分けます。

下だんじりは優美なシルエットと精緻な彫刻で人気を博し、岸和田市内や泉州地域以外にも広まりを見せています。

岸和田市や和泉市などで曳行されるだんじりは全て下だんじりとなっています。

▼上だんじり
danjiri-ue

下だんじり
danjiri-shita

曳き手

主に、男性です。

曳行されるだんじりは、総欅造りであり、前方に100mほどの2本の綱をつけ、500人程度で曳行されます。

欅には女神が宿るなどと言われているため、女性は、曳き手としての参加は可能ですが、だんじりに乗ることができないため、多くは男性のサポートに回っています。

なので、だんじり祭りは、曳き手の多くが男性であり、それゆえ、やりまわしなどの迫力ある光景を見ることができます。

やりまわし

下だんじりの特徴である豪快なやりまわしは、細い道の曲がり角などで、だんじりの速度を落とさずに方向転換させるというものです。

やりまわしは、曳き綱の付け根を持つ綱元がラインと速度を決め、屋根上の大工方が指示を出し、台木後方に挿し込まれた後梃子を外側へ振って行います。

その際、前内輪の前へ前梃子を当て、様々な曲率に合わせた微調整をし、だんじりの平側に乗車するタカリまたはセミと呼ばれる役が、外側は降車し内側は増員するなどして遠心力に対応し、ブレーキ担当者が必要に応じてブレーキを踏みます。

このやりまわしは、危険が伴うので、曳き手はこのように役割分担をして、協力し合って行っています。

過去の事故

荒々しい祭りのため、事故は多く発生します。

だんじりが行われる紀州街道は、比較的道幅が狭く、特に、通称「小門」「貝源」と呼ばれる年番本部前の交差点、通称「S字」と呼ばれる堺口門跡・内町門跡の枡形といった「やりまわし」の見せ場となっている場所では多く発生します。

だんじりが曲がり角で、バランスを崩し、転倒した際に下敷きとなり死亡した事故や柱に激突して即死した事故が起きています。

また、熱中症で死亡するという事故も起きています。

このような事故を無くすために、曳き手の飲酒を禁止するなどの対策をとっています。

また、だんじりが家屋を破壊するといったこともこれらの箇所でたいてい発生します。

そのために、沿道の建物には「だんじり保険」という保険が掛けられており、だんじりによる損傷修復に備えています。

岸和田だんじり会館

紀州街道に沿ったかつての岸和田城下の街並を館内全体で再現しつつ、だんじりと祭に関する資料が豊富に展示してあります。

具体的な展示内容としては、大型マルチスクリーンによる「だんじり祭ハイライト上映」や江戸から明治にかけてのだんじりの実物を展示、だんじりの頂上目線で撮影された3D映像、江戸時代からの各種資料・だんじりの彫り物などの展示などがあります。

岸和田だんじり祭りに参加した際には、一度寄ってみるのも面白いかもしれません。

まとめ

  • 見どころは「やりまわし」
  • 事故が多いので注意が必要
  • 岸和田だんじり会館も面白い

※この記事は2014年に公開された記事を2015年の内容に合わせて編集・更新した記事です。公開日は2014年と古いですが、情報は最新のものになっておりますので、ご安心頂ければと思います。

Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

コメントを残す