【2015年】今年のお盆休みはいつから?一般的な平均期間を紹介!

【2015年】今年のお盆休みはいつから?一般的な平均期間を紹介!

忙しく働く社会人にとって最も長期で連休が取れるのはお盆休みですが、そんな嬉しいお盆休みが、2015年の今年もやってくるわけです。

すでに胸をワクワクされている人も多いと思いますが、今年のお盆休みはいつなのか疑問もあると思います。そこで、今回はお盆休みの一般的な平均期間をご紹介します。

Sponsored Link

お盆とは

お盆というのは、旧暦の7月15日を中心に祖先の霊を祀る行事で、神道と仏教の行事が習合したものとされています。

日本では『盆と正月』という言葉があるように、全国各地に浸透した季節行事になるため、正式な日にちというのは地方で違う部分があります。

  • 旧暦7月15日:旧盆とも言われ、沖縄や奄美地方などが該当します
  • 新暦7月15日:前後の土日の場合もあり、東京・横浜・静岡旧市街地、函館、金沢旧市街地などが該当します
  • 新暦8月15日:月遅れの盆と呼ばれ、ほぼ全国的に認知されている日にちです

私は神奈川県横浜市出身なのですが、父親のお盆休みは8月15日前後でしたし、親せきで集まるのも8月15日前後でしたので、新暦7月15日に横浜があるのを最初は疑問に思いました。

しかし、よく考えれば地元の盆踊り大会が7月15日前後の土曜日にやっていたのを思い出したので、きっと現代人の認識としては8月15日なのですが、地域の行事などは、しっかり正式な日にちで執り行われているのでしょう。

お盆の恒例行事

地域によって色々恒例行事があるのですが、全国的に有名で、習わしが風化しつつある現代でも行われている行事を紹介します。

迎え火と送り火

13日の夕方に、野に火を放つことを迎え火と呼び、16日の野火を送り火と呼びます。

京都の五山送り火が有名です。

▼大文字点火

また、川へ送る風習もあるのですが、これは灯籠流しと呼ばれています。

盆踊り

15日の盆の翌日、16日の晩に、寺社の境内に老若男女が集まって踊るのを盆踊りと呼びます。

元々は15日が十五夜、16日が十六夜のため、月明りで夜通し踊ることができたことから始まりました。

近年では、15日前後の土日で行われる場合も多く、場所も公園などで夏祭りの一環として行われることが増えました。

2015年のお盆

気になる2015年のお盆休みですが、まずは8月のカレンダーをご覧ください。

▼2015年8月

前述した迎え火と送り火というのが日本では1番ポピュラーな行事ということもあり、お盆休みは、
8月13日(木)~8月15日(土)
ということになるでしょう。

一般的な休み

ただ、一般的という目線で考えるのであれば、土日休みの人が多いと思いますので、13日~16日までの4連休と考えるのが自然でしょう。

もちろん企業や業種によって異なる部分が大きですが、福利厚生を重要視している企業や、普段連休が取れない代わりに、正月やお盆で大きな連休を取るような会社の場合、前後の土日で最大9連休というのもあり得ます。

2014年には5連休という企業が多かったことを考えると、お盆休みと土曜日が被ってしまった今年は、少し短いお盆休みになってしまう人が多いかもしれません。

業種別の休み

ここでは業種別に一般的な休みを見ていきたいと思います。

大企業

上場しているような大企業の場合、有給休暇を守らないと労働基準局に注意されてしまうので、この時期に社員に休みを取ってもらっているようです。

そのため、9連休とはいかないまでも、1日早い12日から休みに入り、最大5連休みたいな感じになる場合が多いです。

中小企業

中小企業の場合は、社員の数も少ないため、連休を取ると後々自分が辛くなるだけなので、13~15日の一般的なお盆のみ休む傾向にあります。

2015年は土曜が被っているので、土日休みの場合には4連休になると思います。

製造業

企業の中でも工場を中心とした製造業の場合は、納期の問題を調整できるのなら多く連休を取った方が冷房コストなどを下げれるという特徴があります。

なので、納期の兼ね合いで前述したような日程で休みになるかは分かりませんが、9連休は手堅いと思います。

サービス業

これは書かなくても分かるかと思いますが、営業職や飲食店などの接客業は、お客様が休みの時こそ書き入れ時ですので、比較的連休は取りづらい傾向にあります。

サービス業はシフト制の所が多いので、交代シフトで全員が連休を取れるように調整するようです。

公務員

休みの多いイメージの公務員ですが、カレンダー通り休みがある代わりにカレンダー通りでしか休めない為、祝日ではないお盆は基本的には休みにはなりません。

しかし、職員には夏季休暇というものがあるので、これをローテーションで消化していくような流れになります。

おすすめの過ごし方

忙しい社会人にとって至福の時となる大型連休ですが、全国で一斉に休みとなるため、どこもかしこも混んでしまい出かけられません。

最近では意図的にお盆休みをずらしたりして、混雑緩和に協力的な企業が増えたようですが、それでもまだまだお盆の混雑は凄いです。

そこで、おすすめの過ごし方としては海外に行ってしまうのがベストです。

この記事はあくまでお盆休みの期間を紹介する記事なので、あまり詳しくは書きませんが、この時期の国内旅行は激混みの上に料金が跳ね上がるという特徴があります。

それに比べて、海外は比較的空いている傾向にあります。

そもそも夏休み時期なので、ハワイなどの南国系は学生なども多く、もちろんガラガラな訳ではありません。

しかし、行き帰りだけで1日が終わってしまう国内旅行に比べれは、比較的ゆっくりと楽しめるのではないでしょうか。

まとめ

  • 新暦8月15日がお盆
  • 13日~15日が一般的なお盆期間
  • 土日を使って連休を取得する
  • 長さは業種や企業規模によって異なる
  • 出かけるなら海外

※この記事は2014年に公開された記事を2015年の内容に合わせて編集・更新した記事です。公開日は2014年と古いですが、情報は最新のものになっておりますので、ご安心頂ければと思います。

Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

コメントを残す