熱中症の症状は発熱だけでなく腹痛や嘔吐も危険!処置と対策は?

熱中症の症状は発熱だけでなく腹痛や嘔吐も危険!処置と対策は?

熱中症の症状は暑さによってクラクラする程度と思っている方も多いようですが、実は発熱したり、腹痛や嘔吐といった症状にまで派生することがあり、処置や対策が非常に重要になってきます。

そこで、今回は熱中症の症状についてまとめながら、その処置や対策をご紹介します。

Sponsored Link

熱中症の症状

熱中症というのは、熱さで体温調節ができず、めまい・痙攣・意識障害などの症状を指します。

昔は熱中症の症状について、熱失神・熱痙攣・熱疲労・熱射病と4つに区分していましたが、最近ではⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度と3段階で症状を区分していて、数字が上がるごとに重症と判断されています。

Ⅰ度の症状

めまい・失神・立ちくらみ

これは従来の熱失神にあたる症状が出るのですが、熱失神とは、直射日光の下で長時間行動したり、高温多湿の室内で汗をかいて脱水状態になると起こりやすい症状で、めまいや失神以外には血圧が下がるという症状も見られます。

筋肉痛や筋肉の硬直

従来の熱痙攣(ねつけいれん)にあたる症状が出るのですが、この筋肉の硬直というのはお腹や手足が多く、特にふくらはぎが痙攣する「こむら返り」が多く見られます。

熱痙攣はスポーツをしている時に起こりやすく、短時間で大量の汗をかいたのに塩分の摂取が足りない時に発症するため、運動中の飲み物が水やお茶という人は特に危険です。

スポーツドリンクなどで塩分の摂取を増やしましょう。

大量の発汗

熱中症の症状が重傷になると、寒気がしたり、汗をかかなかったりという症状が出るのですが、Ⅰ度に関してはまだ軽度ということもあり、大量の汗が出ます。

夏場などの暑い日や、直射日光の真下などで体調不良を訴える人がいた場合、まずは発汗量を見ましょう。

スポーツをしている時のように大量の汗をかいている場合には、かなりの確率で熱中症の可能性が高いです。

Ⅱ度の症状

頭痛・吐き気・倦怠感・虚脱感

これは従来の熱疲労に当たる症状が出るのですが、水分も塩分も足りていないときに起こります。

頭痛や吐き気が主な症状ですが、同時に寒気を感じることがあります。

脳の視床下部にある体温調節を司る中枢が熱にやられ体温調節がうまくできず起こるのですが、体内の温度は39℃くらいまで上昇していますが皮膚の表面は冷たくなっているのが特徴です。

つまり、発熱し出したあと腹痛や嘔吐をし始めた場合、Ⅰ度からⅡ度に上がっている可能性が高いというわけです。

これで寒気まで感じたら、いよいよ重症に片足を突っ込み始めていますので、早急に救急車を呼びましょう。

Ⅲ度の症状

意識障害・痙攣・手足の運動障害

Ⅲ度までくると、もはや呼びかけても反応がなく意識不明になります。

痙攣も手足程度のレベルではなく、全身がガクガクと引きつけが起こります。

刺激を与えて反応がおかしかったり、真直ぐに歩けない場合などは、意識障害の直前ですので、かなり気を付けた方が良いです。

高体温

これは従来の熱射病に相当する症状が出るのですが、体温調節のための中枢神経がマヒしてしまうので、体温が40度以上まで上がることもあります。

そうなると、肉体そのものが熱を発するため、体に触ると熱いという感触があります。

ここまで重症になってしまうと、もはや本人では対応できませんので、周りの人が救急車を呼ぶ必要があります。

適切な処置としては、待っている間に首やわきの下を冷やしてあげることによって、熱が上昇するのを食い止めることができます。

Ⅲ度まで症状のレベルが上がってしまうと、長期の入院はもちろんですが、最悪の場合死に至るケースもあります。

Ⅰ度やⅡ度の軽度・中度な症状のうちにしっかりと対応しましょう。

熱中症対策・予防

まずは熱中症にかからないことが一番重要です。

そのためには、日々の対策や予防が重要になってきますので、適切な熱中症対策をご紹介します。

水分補給

熱中症を予防するには、1にも2にも水分補給です。

熱中症というのは、発汗によって水分と塩分が失われて脱水状態になり発症する場合がほとんどですの、そもそもしっかりと水分補給していれば、大半の場合熱中症を防げてしまいます。

それくらい熱中症では水分補給が重要なのです。

一般的な認識では、喉が乾いたら水分を補給すると考えられていますが、これでは水分が失われ過ぎている場合が多いです。

そのため、喉の渇きを感じる前に水分を補給するのがベストですので、一昔前のスパルタ系運動部のように、練習のペナルティとして水分補給をさせなかったり、濃密な練習を求めるがゆえに休憩時間を減らしている場合には、本当に死者が出る可能性もあります。

30分に1回や1時間に1回など、3分~5分ほどの小休止として、水分補給する時間を確保しましょう。

エアコンによる室温調整

熱中症といえば、外をイメージする人も多いと思いますが、実際に緊急搬送された人のうち、自宅での発症が最も多いのが実情です。

その理由としては、住宅の密閉性が考えられます。

近年の住宅は密閉性が高く風通しが悪いため、窓を締め切った状態で冷房を使わないと、室内は外気温以上に上がることもあり得ます。

そのため、室温28度・湿度70%を超えたら、エアコンを使いましょう。

高齢者や乳幼児に気配り

高齢者は、若い人の何倍も熱中症になりやすくなっているのですが、気温の上昇に鈍感なため、脱水症状が始まっても自分では体の異変に気付きにくくなっています。

また、乳幼児の場合、自分から「暑くて体調悪くなってきた」と親に伝えることはできません。

そのため、乳幼児や高齢者は熱中症の対策や予防をすることなく重症になるケースが多いので、家族や周囲の人が本人以上に気配りをする必要があります。

適切な応急処置

まずは熱中症にかからないことが重要ですが、そうは言っても時には熱中症になってしまうこともあるわけです。

そんな時には以下のポイントを意識して適切な処置をして下さい。

ただ、これはあくまでも応急処置ですので、意識がなかったり、急に体温が上がったらすぐ救急車を呼ぶようにして下さい。

涼しい場所へ移動

まずはクーラーが効いた室内や車内に移動するのがベストですが、屋外で室内への移動が困難な場合には、風通りのよい日かげに移動し安静にしましょう。

顔が赤いときは頭を高く、青白ければ足を高くして寝かせて下さい。

体温を下げる

まずは衣服をゆるめたり、脱がすことができる場合には衣服を脱がせ、体の熱を放出させましょう。

氷枕や保冷剤で両側の首筋やわき、足の付け根などを冷やします。

皮膚が熱ければ、その部分に水をかけて、うちわや扇子などであおぐことで体温を下げることができます。

風を送るのが困難な場合には、その部分にぬれタオルを当てましょう。

皮膚が冷たければぬれタオルをしぼり冷たい部分をマッサージするのも有効です。

水分と塩分を補給する

意識があるのであれば、水分と塩分を同時に補給できる、スポーツドリンクなどを飲ませましょう。

しかし、嘔吐の症状が出ていたり意識がない場合には、誤って水分が気道に入る危険性があるので、この場合は水分補給はさせず、救急車を呼びましょう。

まとめ

  • 熱中症の症状はⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度と3段階ある
  • 対策も応急処置も水分補給が最も重要
  • 死に至るケースもある
  • 本当に重症ならすぐに救急車を呼びましょう
Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

コメントを残す