熱中症で寒気がする時の応急処置は冷やすという対処が正解

熱中症で寒気がする時の応急処置は冷やすという対処が正解

熱中症というのは、発熱によって体が熱くなるというのが一般的な認識だと思いますが、中には寒気がする場合もあります。

寒気を感じると温めようと思いがちですが、あくまでも熱中症ですの、対処法としては冷やすという応急処置が正解になります。
今回は、熱中症で寒気がする時の応急処置や対処法をご紹介します。

Sponsored Link

熱中症の症状

熱中症というのは、脱水症状などで汗をかきづらくなり、体内の熱を放出する機能が失われることで起こります。

現在はⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度と3段階で症状の重症度を表しています。

過去の記事に詳しくまとめていますので、そちらをご覧ください。
関連記事:熱中症の症状は発熱だけでなく腹痛や嘔吐も危険!処置と対策は?

寒気がする原因

熱中症で倒れる人の中には、本当は熱いはずなのに「寒気がする」と訴えることがあります。

熱中症になり体内の熱をうまく放出できず体温が急激に上昇すると、最悪の場合、脳の温度まで上昇して体温調節中枢が機能しなくなり、体温調節がうまくいかなくなることがあります。

これが熱中症による「寒気」の原因です。

この寒気というのは重症度で表すとⅡ度に該当するのですが、他にも熱中症の諸症状があるにもかかわらず体が寒さを感じるというのは結構危険な状態に入り始めているわけです。

ここでの対処を間違えると、さらに悪化する可能性がありますので、最適な応急処置を心がけましょう。

応急処置の方法

寒気を引き起こしている要因としては、高すぎる体温による機能障害なわけですから、やはりその体温を下げてあげることが最も効果的です。

冷やすポイントとしては、脳に近い首すじ(うなじ部分)を冷やして下さい。

冒頭で紹介した関連記事内には熱中症の応急処置をいくつか掲載していますが、それと同時進行でうなじ部分を冷やすのが最も効果的です。

しかし、脱水状態の時には血液が濃くなっているため、体温を下げると血液の流れが悪くなり、多臓器不全や血栓などを引き起こすリスクもあります。

そのため、血液的な面から考えると、しっかり水分補給をした上で体を温めるというのは実は効果的だったりします。

しかし、体温が上がりすぎると、熱中症の症状はさらに重症化する可能性もあるので、温めるという判断は医師でなければ分からない部分だったりもします。

ですので、私たち素人が応急処置をする上でベストな対処法は、うなじ部分を冷やしながら、手足の血管部をマッサージしてあげることです。

手足をマッサージすることによって血流の循環がよくなるので、温める必要がなく、しっかりと体を冷やすことに従事できるわけです。

また、もし顔面蒼白になっている場合には、脳に血流が回っていない可能性があるので、その場合には足を高くして寝させた方が良いです。

まとめ

  • 熱中症が悪化する寒気を感じる場合がある
  • 冷やすという対処方法が正解
  • ポイントは首すじを冷やしながら四肢のマッサージ
Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

コメントを残す