花粉症の完治する方法は薬・漢方どちらがおすすめ?

花粉症の完治する方法は薬・漢方どちらがおすすめ?

花粉症の完治する方法として、薬・漢方どちらがおすすめなのかというのを自分の経験測と合わせて考えてみました。

ネット上のまとめですが、個人的な考察も含めて薬と漢方での花粉症の完治について紹介します。

Sponsored Link

花粉症の原因

年々花粉症により目や鼻がぐじゅぐじゅになり、苦しんでいる人がだんだん増えていっているのか、ニュースや雑誌などでも話題になっています。

最近では花粉症の時期に薬局に行くと、外国人のお客さんが目薬や花粉症の薬を探しまわっている光景を見かけますが、日本に来て発症したのでしょうか。笑

笑っちゃいけませんね。すみません。

でも僕も重度の花粉症なので、よく理解できます。

ちなみに、見出しに花粉症の原因と書いてますが、実際医者ではないので詳しい事は分かりませんので、しっかり知りたい方はググり直してください。

ただざっくりと説明しますと、アレルギー反応は体質が原因です。

ざっくり過ぎますね。笑

でも本当にこれは重要で、花粉に対してアレルギーが出ている訳ですので、その人が花粉にアレルギー反応が出る体質かどうかというのが、イコール花粉症かってことになります。

これが分かれば花粉を治すためにはどうしたら良いのかが見えてくるのですが、答えは簡単で、体質を変えてしまえば良いのです。

もちろん簡単なことではないですが、この体質改善に薬と漢方のどちらが向いているのかという角度から考えてみます。

薬のメリット・デメリット

drag

薬は基本的に治療している訳ではなく、症状を緩和させているだけだと思います。

もししっかり完治を目指して治療している病院があったらコメント下さい。僕が行きます。笑

ただ今までの経験上、病院でもらう薬というのは鼻水を止める薬だった場合、目・鼻・喉周りの水分を出なくさせて鼻水を止めます。

水分を減らして鼻水を止めているだけですので、薬が切れればまた鼻水が出ますよね。

その証拠に花粉症の薬は極端に喉が乾いたりします。

つまり薬は、飲んだときはとても症状は緩和されて楽になるが、症状を抑えているだけなので、直接の治療にはならないってことです。

漢方のメリット・デメリット

kannpou

漢方は、薬ではないので、飲んですぐに効果が表れるものではありません。

ただ、体質を根本から変えていくので、徐々に長期間かけて症状が緩和していきます。

つまり完治を目指して治療するのなら、断然漢方がおすすめだと思います。

体質が変わればアレルギー反応も変わります。

しかし薬は症状自体を緩和させてくれますが、漢方は体質を改善させてくれるだけですので、改善するまで鼻水・くしゃみは止まりません。

漢方だけで改善しようと思うと、辛くて途中で挫折しちゃうかもしれないですね。

その他の体質改善

体質改善には漢方がおすすめと書きましたが、普段の食事から体質を改善していくことができます。

良い動画があったのでご紹介します。

▼体質改善動画

実際に僕がまだ実家にいた頃、母親からしつこくヨーグルトを食えと言われていて、ヨーグルト自体は好きだったので、デザート感覚で言われるがまま食べていました。

するとその年は花粉症の症状が凄く落ち着いていたんです。

もちろんヨーグルト食ったぐらいじゃ治りませんよ?笑

でもマスクさえ着けとけば1日外出できるくらいまで落ち着きました。

花粉症がひどい人だったら分かると思うのですが、薬飲まないとマスク付けたぐらいじゃ外出れないですよね?

それがヨーグルトだけで外出できるレベルまで回復したのですから、凄くないですか?

今は独立して暮らしているので、口うるさく言われないのを良いことにヨーグルト食べてなかったら、花粉症復活しました。笑

効果に合わせた使い方

ここまで薬と漢方とその他の食べ物が出てきましたが、じゃあ実際どれが良いのってことになると思いますが、全て使いましょう。

普段の生活から花粉症を意識した食生活にして体質を改善していき、漢方を使って本格的な体質改善も同時進行に行います。

ただ時間がかかりますので、花粉症シーズンに入ったら症状がきついかもしれません。

そういう時は、薬で抑えちゃいましょう。

最近では漢方を使う病院もありますので、薬との飲み合わせはちゃんと相談して下さい。

まとめ

  • 花粉症の原因は体質
  • 薬は症状は抑えてくれるが体質は変わらない
  • 漢方は症状は治まらないが体質は変わっていく
  • その他にも体質改善につながる食べ物がある
  • 複合的に使用して完治を目指す
Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

コメントを残す