2014年の春の花粉症予想!!ヒノキ・スギの飛散量・時期を大胆予測!!

2014年の春の花粉症予想!!ヒノキ・スギの飛散量・時期を大胆予測!!

2014年の春の花粉症予想がネットなどで流れ始めているようですね。ヒノキ・スギの飛散量はどれくらいなのか、また時期はいつからか大胆予測されている方も多いのでは?

そこで、今回は、2014年の春の花粉症予想として、ヒノキ・スギの飛散量や時期について大胆予測してみたいと思います。

Sponsored Link

2014年の春の花粉症予想!!ヒノキ・スギの飛散量は?時期はいつから?

毎年春先に始まる嫌なブーム花粉症。

本当に多くの方たちの目や鼻を花粉によって刺激され、涙や鼻水がボロボロになり、花粉症で苦しんでいる人が多いのだとか。

一種のアレルギー反応である花粉症ですが、これだけ多くの方が苦しんでいるだけに2014年の予測も気になるところ。

さて、2014年は花粉症の元となるヒノキ・スギの飛散量はどれくらいなのでしょうか?また、花粉症が始まる時期はいつからでしょうか?

早速いろいろ情報を調べながら大胆に予想してみることにしました。

元々花粉症は文字通りヒノキやスギなどの植物の花粉によって起こる症状です。
したがって植物が育つ環境の一つでもある天候に飛散量や時期も左右されてしまうと言われているようです。

当然、影響を受けるのは2013年の天候なわけですが、2013年の夏は全国的に猛暑で10月ほどまで真夏日だったこともありましたよね。

また、降水量も太平洋側は少なく、逆に日本海側(特に東北)は多いというある種の異常現象が続きました。

この環境を踏まえて考えるとまず、花芽の条件がある程度整っている北海道・東海~九州に関しては、例年より多い傾向にあるでしょう。

と入っても若干多いといった感じで収まるような気がします。

次に、関東甲信・北陸、条件が整っておらず、例年よりも少ない傾向で昨年の70%くらいで収まるようです。

さらに、異常気象が多かった東北(特に秋田・山形・新潟)は昨年の50%ではないかという話で、多くの情報網をたどるとそのような予想が流れていました。

▼2014年の花粉飛散量が少ないと予測されるエリアの一つ秋田

確かに雨が多い時には花粉症の影響は起きにくい傾向にありますので、2014年の東北地方は花粉症で苦しむ傾向は少ないでしょうね。

一方最高気温を記録した高知を含めた四国・九州エリアは花粉症で苦しむ人が増えそうです。

▼最高気温も記録された高知:四万十川
kouchi

毎年傾向は変わってきますが、多かれ少なかれ花粉は飛散することに違いありませんので、十分に対策をとってくださいね。

2014年の花粉症はいつから?

2014年の花粉症がいつから始まるのかと気にされている方が多いようですが、基本的に開始時期は例年とあまり変わりなく2月初めころから関東を中心に広がっていくようです。

なおピークは3月から4月にかけてだろうと言われています。

一番ピークが襲いのは東北エリアと言う話なので、飛散量が少ないと入っても、十分対策をとりましょうね。

花粉症は一度罹ってしまうと結構厄介な症状に毎年悩まされることになります。

目はショボショボになりますし、鼻はズルズルになってしまいます。

本当に多くの方たちが悩み苦しむ症状の一つですから、花粉症にはくれぐれも気をつけてくださいね。

Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。